« 新3K | メイン | 土壁を構造体として »

2018年5月26日 (土)

天草陶石の壁

皆様こんにちは☆

梅雨入りする前に屋外仕事に追い込みをかける今日この頃です^ ^

先日、とある設計事務所からお問い合わせ頂きました^ ^

内容はといいますと、

「天草陶石を使った左官仕上げは可能ですか?」

と( ゚д゚)

熊本に住む人なら耳にした事であろう天草陶石をググってみました(^^)

〜天草陶石(あまくさとうせき)は、天草下島で採掘される粘土の鉱石である。陶磁器の原料として広く利用されており、日本で産出される陶石(磁器原料)の8割を占める。天草陶土、天草石とも呼ばれる〜

なるはど( ゚д゚)

要は陶器に使う天草陶石の石粉を左官の壁にしようって事なのです^ ^

実はこのアイデアは数年前から考えていました^ ^

仕事が落ち着いたらチャレンジしようと思っていたのですが落ち着く気配がなく僕自身忘れていました 笑

そんな中での問い合わせなので何かの巡り合わせって事で先週の日曜日にさっそく天草へ行って参りました☆

走る事3時間☆
天草西海岸まで行くと辺り一面、別世界です(o_o)

船越英一郎のロケ現場のような崖がたくさんあります( ゚д゚)

海辺を見渡すとそこはまさに天草陶石の山です☆

原石、砕石、砂状の物を採取し、弊社倉庫にてサンプル作成に取り掛かります^ ^

大小の網目のフルイを使って粒子の大きさ分けます☆

とりあえず試作サンプルの完成です^ ^

試作か通れば、とある複合施設で施工させて頂きます(^ν^)

ちなみに、せっかく天草まで行ったので釣りもしてきました ^ ^(釣りの方がメインだった気もしますが 笑)

天草陶石の壁が日の目に見る様、頑張らなけれですね^ ^

ではまた☆

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/410950/34127879

天草陶石の壁を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

吉田工芸舎

吉田拡貴と申します!左官歴17年です! 中学卒業後、熊本工業高校定時制へ入学と同時に左官の世界へと入ります☆ 櫨原工業所の下で四年間修行を積み。その後様々な名の通った親方の下を転々と周り、たくさんの技術とたくさんの心を学びました(#^.^#) 17年修行した今でも初心を忘れず、毎日がスタートラインだと思って日々精進しております☆ 辛く険しい道のりですが、家族や友達、仕事の仲間に支えられ毎日楽しくやっていますので応援よろしくお願いいたします☆

漆喰壁、土壁等の見本サンプルはホームページにて!!