« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月25日 (水)

タイル屋さん

皆様こんにちは

連休前でバタついている今日この頃です(゚ω゚)

さて弊社の営業項目には左官工事以外にもタイル工事があります☆


タイルの種類も600ミリ角オーバーの大判タイルにレンガ調のブリックタイルや色に変化をつけて絵柄になるアートモザイクタイルだったりと仕様や用途によってデザインは様々です☆

時にはこんな事もします^ ^


自然石を加工した『隠れミッキー』です☆

そして、レンガタイルを加工した作った『隠れラピュタのロボット』です(=´∀`)

もちろん手に一輪挿しも可能です 笑


お客様の趣味や好みを感じ取り、オンリーワンの作品を生み出してこそ職人冥利に尽きるというものです☆


ではまた^ ^

2018年4月12日 (木)

お茶

皆さまこんにちは☆



茶道の世界に入って早くも3年が経ちました☆

ようやく正座にも慣れ、お茶の苦味も楽しめるようになりました^ ^


左官職人として数寄屋建築を学び、土壁を塗りたくて入門した茶道ですが、今では週1の至福の時間となっております^ ^



季節のお花を見てお菓子を頂き、掛軸の言葉から人生訓を学び、静寂の中で頂くお抹茶は日常の慌ただしさをリセットしてくれます^ ^



先日のお稽古の掛軸にはこう書いてありました☆


『千里同風』


遠く離れていても吹く風は同じ


という意味だそうです^ ^


春は別れと出会いの季節、、、


うちの社中のお弟子さんにも、四月から入学そして就職で県外、海外へ旅立つ方がいます☆



先生からお弟子さんへ掛軸を通して送られるエールに感銘を受けたお稽古でした☆

ではまた^ ^

2018年4月 7日 (土)

外壁の汚れ

皆様こんにちは☆


冬も終わり仕事もスムーズに進む心地の良い季節になりました^ - ^


さて、長年左官業をしていると様々なご指摘を頂きます!
その中でも未だに答えが見えて来ないのが外壁の汚れです!

左官仕上げを外壁に施した場合のデメリットは『ヒビ割れ』と『汚れ』です!


ヒビ割れは、塗り壁材料の発展と、ヒビ割れが起きにくい施工方法で対応出来るのですが、外壁の汚れに関しては色んな条件をクリアしないと美しい壁は保てません!


それは外壁が左官仕上げでも、塗装仕上げでも、窯業系サイディングでも同じことです!


僕が思う、外壁が汚れやすいポイントとして

・日当たりが悪い北面・西面

・風の通りが悪い密集地

・壁の近くに樹木がある

・川や水路に面している

・凹凸ある外壁

・窓のサッシからの雨だれや庇の水弾き


などと考えるのですが、これらの条件をクリアし、クレームが来ない家づくりをするには、樹木が無く、庇や窓が無く、素材感がない無機質な雰囲気の家となります!

実際、簡素な作りの家が増えているのはノンクレームを追求した結果なのか、時代の流行なのかは分かりませんが、クレームの代表格である左官仕上げを衰退させない為にも現在、とある実験をしています^ - ^


漆喰、セメント系、樹脂系を使った左官仕上げのカビや、白化現象(水分と反応して壁の表面が白ける現象)を抑える撥水コーティング剤を各メーカーさんが販売しています☆



成分もアルコール系、シラン系、ケイ酸質系、樹脂系と様々で、対応年数、施工性も違います^ ^



そこでほぼすべての撥水コーティング剤を試してました☆

様々な左官仕上げに、様々な撥水コーティング剤を塗り、屋外に放置です^ ^





これらの実験を草木に囲まれた、湿度の高い弊社の倉庫でやっているので、カビが起きやすい条件は整っています^ ^



現在放置して一年近くなりますが良い結果が見えてきています^ ^




ぬくもりと意匠性のある左官仕上げを後世に残す為にも挑戦し続けなければいけませんね(^^)v


ではまた☆

プロフィール

フォトアルバム

吉田工芸舎

吉田拡貴と申します!左官歴17年です! 中学卒業後、熊本工業高校定時制へ入学と同時に左官の世界へと入ります☆ 櫨原工業所の下で四年間修行を積み。その後様々な名の通った親方の下を転々と周り、たくさんの技術とたくさんの心を学びました(#^.^#) 17年修行した今でも初心を忘れず、毎日がスタートラインだと思って日々精進しております☆ 辛く険しい道のりですが、家族や友達、仕事の仲間に支えられ毎日楽しくやっていますので応援よろしくお願いいたします☆

漆喰壁、土壁等の見本サンプルはホームページにて!!