« 版築 | メイン | 道後温泉街 »

2018年3月12日 (月)

in愛媛

皆様こんにちは☆


先日、研修旅行として愛媛と香川に行って参りました^ ^



まずは愛媛の内子町^ ^



明治時代、電気による照明が登場するまで、夜の明かり採りに欠かすことのできなかったろうそくですが、材料となる蝋(ろう)のうち、櫨(ハゼ)の木から作る木蝋は、主に九州各県と四国の愛媛県で作られたとのことです☆

特に愛媛の内子(うちこ)地区では、木蝋の生産で町全体が賑わい、白壁の商家が連なる独特の町並みが築かれました☆江戸時代から続くこの町並みは、時を越えて現代にまで残り、まるでタイムスリップしたかのような情景が広がっています^_^

ここの地区は外壁の漆喰がほんのり黄色味がかっています☆
土を使った着色なのか、町全体がぬくもりある優しい景観です(^-^)














こちらの内観は重要文化財になっている「上芳我家住宅」です^ ^



築120年のこの屋敷は、木蝋で栄えたという事でどことなくロウソクの香りが感じ取れます(^-^)














僕は左官職人の端くれなので、腰壁の海鼠壁(なまこかべ)や漆喰を押さえる時のコテの通し方など、職業柄気になるのですが、先人の技術力の高さと言ったら只々、頭が下がります_| ̄|○




まだまだ精進せねば☆

ではまた^ ^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/410950/34111282

in愛媛を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

吉田工芸舎

吉田拡貴と申します!左官歴17年です! 中学卒業後、熊本工業高校定時制へ入学と同時に左官の世界へと入ります☆ 櫨原工業所の下で四年間修行を積み。その後様々な名の通った親方の下を転々と周り、たくさんの技術とたくさんの心を学びました(#^.^#) 17年修行した今でも初心を忘れず、毎日がスタートラインだと思って日々精進しております☆ 辛く険しい道のりですが、家族や友達、仕事の仲間に支えられ毎日楽しくやっていますので応援よろしくお願いいたします☆

漆喰壁、土壁等の見本サンプルはホームページにて!!