« インド1人旅13 | メイン | 2015年も皆様に感謝 »

2015年12月26日 (土)

インド1人旅ラスト

いよいよ明日の朝インドを離れます、、、






たった一週間の旅でしたが、1ヶ月くらい居たように感じます(°_°)








外の空気は排気ガスだらけ、道には牛のウンコだらけ!


トイレは詰まるし、お湯は出ない!



道を尋ねりゃダマされて、物を買えばボッてくる(T . T)







凄まじきインド(T . T)



日本ではありえない現実を次々に突きつけられます(T . T)






そして今朝も朝陽を見にガンガーへ、、、








顔馴染みになったおっさん^ ^

毎朝チャイをご馳走してくれます^ ^

早朝は大変寒く、おっさんがご馳走してくれる熱々のチャイが心と体に浸透していきます(*^^*)




言葉も交わすことなく夜明けのガンガーを眺めながらのチャイはまた格別です!


チャイのおっさん、何の見返りも求めず僕に良くしてくれてありがとう^ ^















ゆっくり出来るのは今日が最後なのでガンガーを端から端まで歩く事にしました^ ^

バラナシもちょっと外れになると活気もなく、人通りも少なく、階級制度の現状が浮きぼりにされます。










不謹慎にも写真を撮ったけど、これが現実なのです。















カースト制度は無くなったといっても、その根底は根強く残っていて、ここでは話せない現実も目の当たりにしました。













僕がここバラナシに来てからの日常は、やせ細った赤ん坊を差し出しながら、物乞いをするお母さんの手を振り解き、酒屋へ向かう、、、




手足がない人の物乞いを無視して、お土産を買いに行く、、、







ビールを買うお金はあるのに、ミルク代は渡さない、、、






インドの民族衣装は買っても、バクシーシは渡さない、、、



インド人でもないくせに、、、



僕は日本から持ってきたキャラメルを一個も渡す事すら出来ずに、全部捨てました。











今回の旅はきっと苦行になる、、、








最初からわかっていたつもりだったけど想像と現実はとてもかけ離れていて自分の認識の甘さに腹が立ちました。






日本では、水道をひねれば水とお湯が出て、敷き布団はフカフカで、外では靴を履いて、子供は学校へ行って、病気をしたら薬を飲んで、、、




挙げればきりがない程、当たり前が当たり前ではないのです。









恵まれた日本では感じる事のない複雑な感情、、、








日本での生活のありがたみに感謝すると同時に、僕は恐怖を覚えました。





日本での当たり前がもし無くなった時に問われる生命力。







それをインドは教えてくれたのです。













言葉も字もわからない異国の地で、インド人の生命力に感銘を受け、僕自身ほんの少しだけ成長した気がします。




















そして、インドの方々にも本当に良くして頂きました^ ^

同い年のムケさん^ ^



シルクショップの社長さんで、何から何までお世話になりました (^ν^)





日本の映画でインドを舞台とした映画
「深夜特急」で大沢たかおと共演しています(;゜0゜)






機会がある方は是非ご覧あれです^ ^


みんな僕がお世話になった方々で、前向きな考えと、強い信念を持つ彼らはいつもエネルギーに満ち溢れています(`_´)ゞ






こんな小汚いない日本人に親切にしてくれたご恩はきっと忘れる事はないでしょう!













そして、、、




今回のインド旅行を劇的に変えてくれた心優しきトシ、、、





彼には心から感謝です^ ^














今夜はインドで過ごす最後の夜、、、






トシにご招待を頂き、実家に泊めさせてもらう事になりました^ ^










トシの家族はお父さん、お母さん、お兄さん、妹さんの5人家族です^ ^



お母さんの手料理です^ ^

インドマザーのおふくろの味と言ったところでしょうか(⌒▽⌒)






夜も深まり、家族の温もりに包まれながら川の字で眠りにつきました(_ _).。o○







そして翌朝、、、






トシファミリーにお別れを告げ最後の朝陽を見にガンガーへ^ ^

聖地バラナシのガンガーの夜明けを目に焼き付け出発の準備をします^ ^







インドに来て知ったのですが、インドでは親交の深い友人や恋人などが誕生日や旅立ちの時に、周囲から祝ってもらう日本とは違い、本人自らが感謝の意を込めておもてなしをするそうです^ ^










遠く離れてもずっとトモダチと言ってくれるトシ^ ^

これが最後の乾杯です(^ν^)






もちろん僕がおもてなし(^ν^)






人生は出会いと別れの繰り返しだと思います^ ^


だからこそせっかく出会ったのだからハッピーな時間を共に過ごし、その時間を財産にし、笑ってバイバイしたいものです(^ν^)

バラナシ空港行きのオートリキシャまで見送ってくれ、固い握手とハグを交わし込み上げてくる感情をこらえ、笑顔でバイバイ(^-^)/
















トシ、心からありがとう!!
















リキシャでバラナシ空港まで移動し、バラナシ空港から飛び、デリー空港に着く頃にはもう夕方になっていました^ ^











機内から見るインドの真っ赤に染まる夕陽はとても力強く、そして美しく、インド人の心を反映させてるようでした!









次はいつこの地に訪れるかはわからないけど、また来たいと思えるって事は今回の一人旅は最高の財産になったと思えます^ ^









以上を持ってインド一人旅ブログ終わりです(^ν^)



他にもエピソードはあるので、気が向いたら単発で書き込むかもです(^ν^)




ではまた^ ^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/410950/33693627

インド1人旅ラストを参照しているブログ:

コメント

はじめまして。左官情報を検索中、吉田さんのブログにたどり着きました。偶然、来年辺りインド行こうかなと思っていて、夢中でインド旅行記を読んでしまいました。めちゃくちゃ面白かったです!特にキャラメルの話で大爆笑してしまいました。インド恐るべしだと思ってますが、素敵な出会いも、もしかしたらあるのかもしれませんね。また訪問させていただきます。

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

吉田工芸舎

吉田拡貴と申します!左官歴17年です! 中学卒業後、熊本工業高校定時制へ入学と同時に左官の世界へと入ります☆ 櫨原工業所の下で四年間修行を積み。その後様々な名の通った親方の下を転々と周り、たくさんの技術とたくさんの心を学びました(#^.^#) 17年修行した今でも初心を忘れず、毎日がスタートラインだと思って日々精進しております☆ 辛く険しい道のりですが、家族や友達、仕事の仲間に支えられ毎日楽しくやっていますので応援よろしくお願いいたします☆

漆喰壁、土壁等の見本サンプルはホームページにて!!